ベートーヴェン 6つの変奏曲 (全日本学生音楽コンクール中学校の部の課題曲から)

今年の全日本学生音楽コンクールの中学校の部の本選の課題曲の一つにべートーヴェンの6つの変奏曲が入っています。

この曲は、小学校6年生の時に、当時師事しておりました相愛大学名誉教授でいらっしゃった故片岡みどり先生の宝塚ベガホールで2年に1回行われるおさらい会で弾く曲として先生から頂いたことのある私にとっては思い出のある曲です。



比較的音楽的にも取り組みやすい曲で、当時からとても好きな曲のひとつでありました。 テクニック的にも基本的なテクニックを習得できる大変お勉強になる曲だからと片岡先生もおっしゃり渡してくださいました。

とても厳しいレッスンだったのを覚えています。

ベートーヴェンの変奏曲としては、6つの変奏曲を小学校の時に片岡先生の元で、32の変奏曲を高校生の時に関先生の元で勉強致しました。

P1030997.jpg

最初のテーマは、音の数が少ないため、よく通る音で、芯のある音色作りが必要でしょう。 そのような音色にまで磨き上げるのは時間がかかると思いますが、よく弾きこんで良い音色作りを目指してほしいと思います。

いつも先生の楽譜をお借りして、楽譜にご注意を書き写していたのですが、テーマの注意する点としては
   ・各フレーズ、各モティーフのどこにPointがあるか。
   ・強調すべき音はどれか
と、楽譜に書き込んであります。

P1030999.jpg

ヴァリエーション(変奏)1以降は、32分音符が出て参りますが、テーマと同じ一貫してテンポで弾くとが大切かと思います。

P1040001.jpg

ヴァリエーション(変奏)3は、よくレガートで歌えるようにしましょう。 左手を少し小さくすると、左右が喧嘩しません。

P1040002.jpg

ヴァリエーション(変奏)5は、唯一のハ短調で堂々と、最後のヴァリエーションは、右手のオクターブをよく脱力して外さずに、最後は華やかに締め括る変奏です。

P1040003.jpg


レッスンのお問い合わせはこちらへ

ペダルの導入

小学1年生の男の子のレッスンで、基礎的なテクニックの習得にバーナム教本を使用しています。

1つずつの課題は4小節の短いものですが、動きが左右同じで、導入や初級の生徒さんには読譜が比較的簡単にできますので、教本として使用しています。

また、常に同じ手のポジションや形で弾くバイエル教則本や、指を速く動かす目的のハノン教本とは少し違い、スタッカート、レガートなどピアノを弾く上での基本的な様々なテクニックや柔らかい手首や手を作るための基礎をバーナムは習得できるようになっております。

初歩の段階からペダルを踏む練習課題も出てきます。 生徒さんは今週から、初めて右ペダルを踏む練習を始めました。

最初は、左右の手でピアノを弾きながら、足でペダルを踏んだり、離したりするのは至難の業のようですが、どの生徒さんもペダルを踏むことで、自分で弾いているピアノの音色が教会のパイプ・オルガンのような響き渡るような音色に変わるため、感激するようです。

時にはレッスン中にペダルを踏んで遊ぶお子様も見られますが、ピアノが壊れるからとお話しております。

身体がまだ柔らかいうちに、ペダルも自然に踏めるよう、当教室では早い段階からペダルの練習も取り入れております。

また、良いペダリングの基本は”耳で踏む”ですので、ペダルの響きが濁っているのか、澄んでいるのかも、耳でも判別できるよう初期の段階からレッスンしております。


レッスンのお問い合わせはこちらへ

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第14番 「月光」

現在、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第14番「月光」に取り組まれている生徒さんがいらっしゃるので、書いてみたいと思います。

ベートーヴェンのピアノ・ソナタ「月光」はベートーヴェンの中期のピアノソナタで、エリ―ゼのためにと同じように誰でも知っている有名な曲です。 また、それまでのテクニックを誇示するようなピアノ・ソナタとは少し趣きが異なり、幻想的な雰囲気を持つソナタです。

幻想的な柔らかい雰囲気の曲で、ペダルも十分に踏める曲ですが、ショパンのような雰囲気にならないよう気を付けたい曲です。
古典的な和声進行をしっかり掴んで演奏することが重要かと思います。

テンポも2分の2拍子ですので、演奏しているうちに遅くなってしまいがちですが、あまり遅くならない方が良いのではと思います。




レッスンのお問い合わせはこちらへ

ドキドキの発表会

ピアノ教室の行事に「ピアノ発表会」がありますが、普通は1年に1回か1年半に1回開催される先生が多いと思います。

市民ホールなどを借りて開催する場合もありますし、サロンや小さいホールでミニ・コンサートのような形で開催する場合もあります。

当教室では一昨年までは近鉄学園前駅の学園前ホールで発表会を開いておりましたが、今年はアット・ホームなコンサート形式を取り、学園前のアートサロン空というサロンでミニ・コンサートの形式を取る事になりました。

チラシやメッセージカードも作成して、希望される方はお友達やお知り合いの方をご招待して頂くこともできるようにしようと考えております。

ところで発表会はお子さんは皆喜びますが、大人の方はいろいろな反応があるようです。

趣味として楽しくピアノを習われている大人の方が人の前でピアノを披露するのは大変な事ですので、ためらう気持ちは当然だと思います。

大人の方の演奏には、人生の年輪が出ますので、それぞれの個性も演奏に見え、観客に聴かせてくれるものがあります。

普段の研鑽の成果を披露する良い機会ですので、是非思い切って挑戦してほしいものだと思いますが、先生としましては何より楽しくピアノを続けていかれる事を願っております。。


レッスンのお問い合わせはこちらへ

お子さんの気持ち

今まで喜んで通っていたお子さんが、突然玄関でレッスン室に入るのをためらうようになりました。 レッスンが始まると元気に熱心に取り組まれ喜んでレッスンに集中されるのですが、それまでに何か一大決心がいるようです。

小さなお子さんといえども、行動には何か原因があります。 考えてみましたら、レッスン曜日と時間が変わった事に気が付きました。

今まではレッスンの前後に生徒さんがおられず、先生と二人の世界でした。 しかしレッスン時間の変更で、前にも後ろにも大きなお姉さんがレッスンされるようになりました。

きっと子供にとっては、大きな環境の変化なのだと思います。 自分がイメージしていたお教室のイメージと何か違うものがあるのかもしれません。

しばらくお母様と協力しながら、新しい環境に慣れてもらえるように、努力していこうと思います。


レッスンのお問い合わせはこちらへ

作曲家のお話

サッカー少年の男の子が、サッカーが終わった後レッスンにきますので、眠くならないようにレッスンの中で作曲家についてお話をしてみました。

すると大変目を輝かせて聴いてくれて、音楽室にベートーヴェンの写真が飾ってあったとお話してくれました。

今、彼が弾いている作曲家はブラームスとハイドンとベートーヴェンです。

お子さんはクラシック音楽に先入観がありませんので、神童と呼ばれる作曲家のお話や音楽の知識に関心があるようです。

3月にカワイ奈良で青島広志さんの講座があり営業の方に勧められて私も聞きに行きましたが、小さい頃、NHK教育テレビの音楽番組の青島広志さんのお話を興味を持って聞いたのを覚えています。

自分の演奏する作曲家が、現実に生きていた人間だと知る事は、楽しいのかもしれません。


レッスンお問い合わせはこちらへ

続 ショパン バラード1番

生徒さんがベラ・ダヴィドヴィチのショパンのバラードを聴きましたとおっしゃっていたので、探してみました。

高校生の時にショパンのバラードに取り組んだ時に、ベラ・ダヴィドヴィチというピアニストを知り、その演奏がとても印象に残っていたのを思い出し、再度聴いてみました。

ベラ・ダヴィドヴィチ(1928~)は第4回ショパンコンクールの覇者ですが、アゼルバイジャン出身のピアニストです。 1949年モスクワ音楽院を卒業し、自身もモスクワ音楽院で教鞭を取っていました。 1978年にはアメリカへ亡命し、後ジュリアード音楽院で教鞭を取っています。

その美しい音と、身体の使い方や手のフォームの美しさで定評があります。




ショパン バラード全曲


レッスンお問い合わせはこちらへ

ショパン バラード1番

ショパンのバラード1番に取り組んでおられる大人の生徒さんがいらっしゃるので、曲のポイントについて書きたいと思います。

バラードとは抒情詩と訳されますが、何らかの物語やストーリーを描いており、ドラマティツクな曲が多いです。 演奏する上でも、そのドラマを的確に表現する必要があるかと思います。

ショパンのバラード1番の場合、各セクションによってテンポに緩急がありますので、それを上手く使うことによって、演奏の流れをドラマティックに聴かせることが可能かと思います。 ゆっくりのところをただゆっくり、速いところはただ速く弾いてしまうと、間延びとただ速いだけの繰り返しの演奏になってしまうので、各パッセージごとのテクニックに適ったテンポ設定を考えることがポイントかと思います。

私のレッスンでは(特に大人の方のレッスンでは)、レッスンの中で生徒さんの考えを取り入れ、細かいところは生徒さんと相談しながら細部を仕上げていきます。 私の演奏経験から、テクニック的な視点でアドヴァイスできるところはアドヴァイスさせて頂いております。

テクニック的にある程度弾けるようになってくると、演奏効果などを考えて、どのように曲を味付けし仕上げていくかもピアノレッスンの楽しいところかと思います。

ピアニストとしてのキャリアから”弾けるピアノ”を目指して指導致しております。


レッスンお問い合わせはこちらへ

小5の生徒さんが発表会の曲のショパンの別れのワルツを上手に弾けるようになってきました。

小5の生徒さんが12月の発表会でショパンの別れのワルツを弾かれます。

教本は普段はスケールとアルペジオとハノンとツエルニー30番とバッハのインベンションとソナチネとブルクミュラーをしていますが、今はショパンの別れのワルツを中心にレッスンをしています。

まだ楽譜を渡して1ケ月くらいですが、形がついてきたように思います。

ルービンシュタインの演奏を聴いて頂きイメージを持って練習して頂いております。

子供は体が柔らかいので、自分の技術より少し上の曲に挑戦してもらうと、ぐいぐいとテクニックを伸ばして上達してくれます。

12月のコンサートが楽しみです。


レッスンのお問い合わせはこちらへ

初めてのレッスン

先日、体験レッスンに来られた小2の女の子のお子さんが今日初めてレッスンに来られました。

全くの初心者の方ですので、お渡しした教材は、音符カード、バーナムミニブック、ミッキーのバイエル1、ピアノひけるよ!ジュニア1、小学生のためのおんぷワーク1です。

音符カードはまず真ん中のドを中心に上下へ1オクターブの音符のカードだけを取り出して、すっと音符が読めるように訓練します。

小学生のためのおんぷワーク1は、楽譜の決まりをお勉強します。

バーナムとバイエルではピアノのテクニックの導入をお勉強します。 出来るようでしたらどんどん進んでなるべく早く子供のハノンとツエルニーリトルピアニストに入れるようにします。

ピアノひけるよ!ジュニア1は楽しい曲が入っていますが、こちらも早くブルクミュラー25や子供のバッハに入れるようにします。

当教室では小学3年から始められたお子さんが、小5でショパンのワルツを弾かれています。 講師が現役のピアニストであるという事を活かして、生徒さんには弾けるピアノを目指して指導しており、小学生の間に有名な曲が弾けるようになる事を目標にしております。

12月の発表会では簡単な曲を弾いてもらおうと考えておりますので、楽しく頑張っていってほしいと願っております。


レッスンお問い合わせはこちらへ

新しいお友達

先日、体験レッスンに来られた小学2年の女の子のお子さんが当教室に入会される事になりました。

学園前アフタースクールの方からお返事があり今週から早速レッスンを始めたいとの事です。 学校の終わった後、学園前アフタースクールへ行かれ、そこから子育てタクシーに乗ってレッスンに見えます。 レッスン終了後は子育てタクシーが迎えに来て、また学園前アフタースクールへ戻られます。

全くの初心者の方ですが、楽しくレッスンをしてまいりたいと思います。


レッスンお問い合わせはこちらへ

歌が上手くなるようにしてほしい!!

生徒さんのお母様から「趣味ですが人前で自信を持って大きな声で歌を歌えるようにしてほしい」という要望がありました。

私はピアノが専門ですので、声楽の事は難しい事は分かりませんが、簡単なソルフェージュくらいでしたらレッスンの中で行う事はできますので、子供の為のソルフェージュのテキストを使って、レッスンの中でお歌も歌う事にしました。

音楽大学の受験には、専門科目のピアノの実技試験以外に、楽典、新曲視唱、新曲視奏、聴音などのソルフェージュ科目が必要ですので、私も子供のころからピアノ・レッスンと並行して音楽教室に通ってソルフェージュ教育を受けておりました。

私の場合は(趣味ではなく音楽の道へ進むためですが)、大阪本町の相愛音楽教室(現相愛大学附属音楽教室)へ通っておりましたが、合唱の授業もあり楽しかった思い出があります。

僅かな時間でも簡単なソルフェージュの基礎を学ぶ事によって、発声の仕方も変わり、自信を持って声を出せるようになるのではないかと思います。


レッスンお問い合わせはこちらへ

小学2年生の女の子のお子さんが体験レッスンに来られました。

昨日ブログに書きました学園前アフタースクールに通われているお子さんが今日、体験レッスンに来られました。

小学2年生のお子さんですが、ピアノは全くの初心者の方です。

しっかり理解されるお子さんで、両手奏までいき、きらきら星を連弾で合わせました。

他には音符を書くお勉強をしたり、リズムたたきをしたりしましたが、以前からピアノを習いたかったそうです。

子育てタクシーで来られ、レッスンが終わる頃にはタクシーが迎えに来ますので、またそれに乗ってアフタースクールまで戻るそうです。

楽しい体験レッスンの時間でした。


レッスンお問い合わせはこちらへ

両手奏

お小さいお子さんにとって両手で別々の事をするというのは結構難しい事ですが、この所4歳のお子さん達が皆両手奏が上手になってきました。

右手を使うと左脳が、左手を使うと右脳が鍛えられると聞いた事がありますが、お小さい時からピアノを習っていると、両手がバランス良く鍛えられますので脳の啓発に効果があるそうです。

東大生の多くが小さい時にピアノを習っていた経験があるというデータも上がっているそうです。

クラシック音楽は心の発達にも役に立ちますが、知能指数をアップさせるという効果もあるようです。

さて両手で弾けるようになると、レパートリーも増え、ピアノをより楽しめるようになります。

12月には講師と門下生によるピアノコンサートを行いますので、4歳のお子さん達にも出場して頂こうと思っております。 デビューになりますので何を弾いて頂くか今考えております。

女のお子さんはドレスを、男のお子さんはネクタイをしめて正装をする機会にもにもなりますので、親御さんはお洋服を選ぶ楽しみもおありになるのではないかと思います。


レッスンお問い合わせはこちらへ

学園前アフタースクールからピアノレッスンの依頼を受けました。

最近はお仕事をされるお母様が増えてまいりましたので、放課後の学童保育も様変わりしているようです。

奈良市学園前にあります帝塚山小学校では下校後の子供さんを預かるアフタースクールがこの4月にオープンしたようです。 名称は学園前アフタースクールといいますが、帝塚山小学校の生徒さんだけを対象にして、下校後の子供さんたちの生活をマネージメントしてくれるそうです。

下校後アフタースクールに行き、そこで宿題をしたりそこから習い事に行ったりして6時半まで時を過ごすようです。

アフタースクールに通っているお子さんでピアノを習いたいと言うお子さんにピアノを教えてもらえないかと当教室へご依頼がありました。

私も帝塚山高等学校出身ですので、喜んで協力させて頂く事にしました。

最近はタクシーにも子育てタクシーというのがあり、習い事の先まで送り届けまたお迎えに来てくれるそうです。 このタクシーを利用して通ってこられるというお話です。

いずれにせよピアノは本人がどれだけ音楽が好きかにかかっていますので、嬉しい出会いに期待しております。


レッスンお問い合わせはこちらへ

スケール

当教室では趣味・専門を問わず、生徒さんには小さい時からスケールとアルペジオをお勉強して頂いております。

スケールと言うのは音の階段ですが、基音となる音によって、色が変わって聴こえます。 その色を感じてもらうためにスケールのお勉強をするのですが、小さいお子さんは耳で聴きながら自分でスケ―ルを作る事も可能です。

スケールやアルペジオはピアノの基本です。 ピアニストになっても毎日欠かさず練習する課題のひとつです。

たとえゆっくりでも24調のスケールを弾けるようになる事は、クラシックピアノには不可欠な事だと考えた方が良いと思います。 スケールがきちっとした指使いで弾けるようになると、変な指使いでピアノを弾くミスが減ります。 読譜の速さにもつながるかと思います。


レッスンお問い合わせはこちらへ

手の形

今日はゴールデンウィーク最後の日曜日ですが、朝9時からのレッスンでした。

朝のレッスンのため生徒さんは疲れていないせいか、レッスンに集中できるようで、きれいな音で音楽的に弾く事ができました。

ピアノを弾く時の理想的な手の形は、手のひらに小さいボールを持っている感じで、手を丸くして弾きましょうと良く言われますが、指が伸びていると指が速く動きません。 走る時には足を曲げて走りますが、指もこれと同じだと思います。 指を軽く曲げて力を抜くと指は良く動きます。

鏡で自分の手の形を見てみるのも良いかもしれません。


レッスンお問い合わせはこちらへ

サッカー少年

新1年生になる男の子の生徒さんがサッカーを始めたようです。

サッカーの練習の後、ピアノレッスンに来られますので、少し眠くお腹もすくようですが頑張ってレッスンを受けています。

一生懸命走って疲れた後で、椅子にじっと座り難しい楽譜とにらめっこをするのは、子供には睡魔が訪れるのかもしれません。

でも水泳の入江選手のようにオリンピックに出てもピアノも弾けるというスポーツ選手もいますので頑張って両立してくれる事を願っています。

リズム感は運動神経ですので、スポーツをする事はピアノに役に立ちます。 またスポーツで鍛えた筋力のある腕から紡ぎ出される音は豊かな音がします。 

文武両立を目指して楽しく続けていけるように私も協力していきたいと思います。


レッスンお問い合わせはこちらへ

ソナチネの読譜

新小学校1年生の女の子の生徒さんが12月の発表会でクレメンティのソナチネOp.36-2を弾きます。

私が演奏会だったため1週レッスンがお休みでしたので、その間にお家で全部読譜をしてきていました。

とても優秀なお子さんで、手も柔らかく、どんどん教本が進んでいきます。

ソナチネはクラシックピアノの基本となる教本で、古典のソナチネがきちっと弾けていると、ソナタに入っても楽に進んでいけます。

ピアノの基礎をソナチネでしっかりお勉強してほしいと思います。


レッスンお問い合わせはこちらへ

プロフィール

Author:masakotani
東京音楽大学音楽学部器楽専攻(ピアノ)卒業
神戸大学大学院人間発達環境学研究科人間発達専攻表現系博士課程前期課程修了

最新記事