新しくピアノを始められた方のお家での練習について

2016年12月
12 /12 2016
ピアノは本来でしたら毎日お家で練習しなくてはいけない楽器ですが、新しくピアノを始められた導入の方の場合はお母様のサポートがないとお一人での練習は難しいかと思います。

そこでお母様が上手にサポートできる場合はそれで構わないのですが、お子様によったらお母様が横に座るのを嫌がるお子様もいます。 またお母様のご性格では子供のピアノを聴いているといらいらしてとおっしゃるお母様もおられます。

毎日先生のお家に通って先生と一緒に日々の練習ができればそれが一番効率は良いと思いますが、親御さんの経済的負担が大きくなります。 ですから普通は1週間に1度のレッスンという方が多いのではないかと思います。 その場合先生は宿題を出し、1週間お家で練習してきてもらうわけですが、導入の方でお子様が一人で練習しなくてはならない場合は宿題があまり意味をなさない場合があります。

そういう導入の生徒さんへの解決策として当教室では週に2回もしくは3回通ってきてもらうと言うレッスンの形態もお受けしております。

新しくピアノを始められた導入の方の場合、週に2回もしくは3回通って下されば、宿題という手段をとらなくても、上達していかれます。 むしろ先生との練習はお家で一人で練習しているよりも効果が高い場合もあります。

宿題という強制的な束縛が無ければ、人間の心理としてお家でも弾いてみたくなります。 自らの意思でピアノに向かう事は良い事ですのでお子様が自然とピアノに向かわれる場合は自由にさせてあげられたら良いかと思います。

毎日練習をさせるのも、週に何度もレッスンに連れていくのも、どちらも親御さんの負担は大きいものがあるかと思いますが、小学3年生くらいになられると、自立して親の手は取らなくなります。 逆に言えば小学3年生くらいになられたら親御さんが練習を見ていらっしゃる方も子供を自立させる時期と言えるかもしれません。

知っている曲を自分で自由にピアノで弾けるようになると言うのは子供には楽しいものです。 今の季節でしたらクリスマスソングや讃美歌をお家の方に聴かせてあげられるようになるという目標も楽しいかもしれません。

親御さんは気長にお子様を見守ってあげて下さい。


レッスン問い合わせ♪