湯山昭「お菓子の世界」

2015年10月
10 /23 2015
湯山昭の「お菓子の世界」という曲集は子供のコンサートのために書かれた曲集です。
シュークリーム・バームクーヘン・バースデー・ケーキ・マロン・グラッセなどお菓子の名前が付けられた曲が曲集には並んでいます。
P1010888.jpg
曲の冒頭の右手の最初の音にはテヌート(イタリア語で保持するの意味からその音をほどよく伸ばすという意味に使われます)が付いています。 

"この1拍目のテヌートがないと角張ったシュークリームになりそうです"と楽譜の最後の解説には書かれています。 現代曲ですのでいろいろな味付けが考えられると思いますが、楽譜通り一拍目の音を少しテヌートして弾くだけで、シュークリームのおいしそうなクリームが音で表現できそうです。

音符を読んで、正確に弾くだけでなく、楽譜に書かれた記号の意味をイメージするだけで、ただ指を動かすだけのつまらない練習が楽しくなるのではないでしょうか。

タイトルから具体的に曲の雰囲気をイメージしやすい曲集ですので、ピアノで表現するということを習得しやすい教材だと思います。

レッスン問い合わせフォーム