子犬のワルツに取り組んでいる生徒さんがいます。

2017年4月
04 /01 2017
小学4年生の女の子が「子犬のワルツ」に取り組んでいます。 子犬のワルツはショパンの有名なワルツですが、ピアノを習っている子供たちがいつかは弾いてみたいと憧れる名曲です。

ショパンの恋人のジョルジュ・サンドの愛犬が尻尾を捕まえようとぐるぐる回る様子を見てショパンが作曲したというエピソードがありますが、子犬のワルツに聴こえようと思えば一定のスピード感が必要です。

12月の発表会で演奏する曲ですので、それに向けて仕上げていってほしいと思います。


レッスン問い合わせ