作曲家のお話

サッカー少年の男の子が、サッカーが終わった後レッスンにきますので、眠くならないようにレッスンの中で作曲家についてお話をしてみました。

すると大変目を輝かせて聴いてくれて、音楽室にベートーヴェンの写真が飾ってあったとお話してくれました。

今、彼が弾いている作曲家はブラームスとハイドンとベートーヴェンです。

お子さんはクラシック音楽に先入観がありませんので、神童と呼ばれる作曲家のお話や音楽の知識に関心があるようです。

3月にカワイ奈良で青島広志さんの講座があり営業の方に勧められて私も聞きに行きましたが、小さい頃、NHK教育テレビの音楽番組の青島広志さんのお話を興味を持って聞いたのを覚えています。

自分の演奏する作曲家が、現実に生きていた人間だと知る事は、楽しいのかもしれません。


レッスンお問い合わせはこちらへ

プロフィール

Author:masakotani
東京音楽大学音楽学部器楽専攻(ピアノ)卒業
神戸大学大学院人間発達環境学研究科人間発達専攻表現系博士課程前期課程修了

最新記事