メンデルスゾーン 紡ぎ歌 (全日本学生音楽コンクール課題曲)

2017年6月
06 /09 2017
今年の全日本学生音楽コンクール小学校の部の課題曲はメンデルスゾーンの無言歌集から紡ぎ歌が入っております。

メンデルスゾーンの無言歌集はツェルニー40番ぐらのレヴェルの教本と併行して使用する教本で、とても美しい曲がたくさん入っています。 趣味で習ってらっしゃる生徒さんでもツェルニーやショパンのワルツを弾けるレベルにある生徒さんなら十分弾きこなせる曲集です。

ブルグミュラーと並んで、人気のある曲集かと思います。

私はこのメンデルスゾーンの無言歌集がとても好きで、コンクールの課題曲としてではなく、普段のレッスンの中で課題として先生から頂き、喜んで練習していたように思います。

実はこの紡ぎ歌は小学校高学年の第9回日本ピアノ教育連盟ピアノ・オーディションの予選で一度課題曲になり、本選に進むことができ、後に第47回全日本学生音楽コンクールの小学校の部予選でも偶然同じ曲が課題曲になり、入選させて頂いた事のある思い出の曲です。 小学校の時にコンクールの予選で2度弾いたことになります。

メンデルスゾーンの「紡ぎ歌」は、大変スピードの速い曲です。 コンクールの予選通過のためには指がよく回ることが大切かと思われますが、いろいろなリズム練習やスタッカート練習、メトロノームなどを使っての練習など様々な練習ができるかと思います。

最終的には右手の粒が良く揃い、軽やかに弾けると良いでしょう。

全日本学生音楽コンクールの課題曲は、テクニック的にも音楽性向上のためにも、その年齢にふさわしい良いお勉強になる曲が多く、全日本学生音楽コンクールの参加後はいろいろな意味でいつも何かの成長が見られコンクールは大変良いお勉強になっておりました。


紡ぎ歌~二キタ・マガロフ

レッスンのお問い合わせはこちらへ