レッスンの風景

2017年6月
06 /14 2017
昨日は4時から9時まで生徒さんが詰まっており、忙しい一日でした。

4時からのお子さんは当教室で一番年少の幼稚園年中さんの男の子のお子さんですが、幼稚園まで電車で通っておられますので、疲れているとは思いますが、お母さんと頑張って通って来られています。

音符も良く読めて、指も音符の場所にさっと動き、よく頑張っています。

小学生高学年になるとどの生徒さんも自発的に頑張ってくれますが、小さい間は些細な事で気分が変わりますし、集中力も長くは持ちませんのでレッスンを継続するにはお母様の協力が不可欠です。

子供は大人ほど自由に自分の欲求を他者に伝える事ができませんので、どうしても行動で示します。 ピアノレッスンは大人が思うよりは子供にとって心身の疲労は激しく、30分じっとレッスンを受けると言うのは子供には大変な事なのです。

親御さんはレッスンの後はお子さんをほめてあげて下さればと思います。

全く音符の読めなかったお子さんが、成長と共にいろんな名曲が弾けるようになると、指導者としても大変嬉しいものです。

これからも丁寧にレッスンしてまいりたいと思います。


レッスンのお問い合わせはこちらへ