バッハのフランス組曲

2017年7月
07 /06 2017
当教室ではお子様だけではなく、大人の方もピアノ・レッスンに熱心に取り組まれお勉強されていますが、ハノンやツエルニー、ショパンのエチュード、ベートーヴェンのピアノ・ソナタやロマン派・近現代の曲などを持ち曲としてお勉強されています。

ところでバロック時代の作曲家のバッハの作品はインベンションやシンフォニアで子供の頃にお勉強されたことがある方も多いと思いますが、その他にもバッハの鍵盤作品にはフランス組曲やイギリス組曲、その他美しい曲がたくさんございます。

専門に進む方が必ずやらなければいけない曲にバッハの平均律クラヴィーア曲集がありますが、この作品は少し譜読みが難しくてという場合には、バッハのフランス組曲などを楽しんでみられてはいかがでしょうか。

バッハ作品には理屈抜きで、人の心を浄化していくれる魅力があります。 フランス組曲は読譜もそれほど難しくなく美しい曲が多いので、ピアノを愛好される方がバッハ作品を楽しまれるには良い教材ではないかと思います。

バッハ フランス組曲 楽譜


バッハ フランス組曲 第1番~アンドラ―シュ・シフ


レッスンお問い合わせはこちらへ