美しい音で

入会されてまだ2か月くらいのお子さんで大変音楽性豊かなピアノを弾かれるお子さんがいらっしゃいます。

ピアノの鍵盤を一音ずつ丁寧なタッチで弾かれ、綺麗な音を奏でられます。

お姉さんが学校のブラスバンド部に入っておられ、音楽がお好きという話ですが、ご家庭に音楽を愛する雰囲気があるのかなとも思います。

ピアノの演奏は、習い始めの頃から、皆それぞれ個性があるように思います。

テクニックの習得より音楽が勝っているお子さん、テクニックは素晴らしいが音楽が少し足らないお子さん、ご両親のサポートが素晴らしいがお子さんの自立がまだ未発達なお子さん、やる気一杯のファイトのあるお子さん等々、皆さん個性がありますが、ピアノのお勉強は牛歩の歩みの息の長いお習い事です。

最近は年長・年少のお子さんがワークブックの音あても正しく答えられるようになってまいりましたが、ピアノ・レッスンでは、継続が一番大切だと思います。


レッスンのお問い合わせはこちらへ

プロフィール

Author:masakotani
東京音楽大学音楽学部器楽専攻(ピアノ)卒業
神戸大学大学院人間発達環境学研究科人間発達専攻表現系博士課程前期課程修了

最新記事