メトロノームの効用とルバート奏法

2017年8月
08 /19 2017
ショパンの子犬のワルツを弾いている生徒さんが、だいぶ曲が仕上がってきました。

練習も佳境に入り、曲も読譜できて来ると、次はメトロノームを使っての緻密な練習が絶対必要です。

片手ずつ16分音符を一拍にメトロノームを設定して、細かい拍で緻密な指の動きの練習をします。

それを繰り返して毎日練習すると、見違えるような端正なピアノになります。

子供達は自宅での練習ではなかなか実行できないようですが、レッスンの時先生と一緒に行うだけでも、見違えるような演奏になります。

歌と違い、器楽演奏は厳密な拍が基本です。 厳密な拍に基づいた演奏は聴いていても気持ちのいいものがあり、まずはそれが演奏の基本中の基本になります。

それが出来てくると、次はテンポ・ルバートの練習を致します。 特にショパンには大事な要素ですが、好き勝手に揺らして弾く事とは少し意味が違います。

子供にイメージを掴んでもらうにはピアニストのCDを聴いてもらうのが一番分かりやすいようです。 CDを聴いてピアニストの演奏を研究し、それに近づけるように模倣から入ります。

ルバートの仕方に決まりはありませんが、子供は体が柔らかいので、模倣がうまく、ルバートを楽しそうに弾いています。


レッスンのお問い合わせはこちらへ