メトロノーム

2017年9月
09 /16 2017
メトロノームはピアノを練習する際、必需品です。

しかし意外とメトロノームがないとピアノの練習はできないのだという事を知らない方が多いように思います。

お子さんの場合、お家にメトロノームがないというお子さんもいらっしゃいます。

ではその正しい使い方を書いてみようと思います。

まず楽譜の中の一番短い音符を1拍に考えて、メトロノームに合わせます。

初めはゆっくりとメトロノームに合わせ、メトロノームの目盛を一つずつ上げながらテンポを上げていきます。

すると拍のゆれない緻密な演奏が出来るようになります。

メトロノームを使わず感覚で練習すると、自分では正確に弾けているつもりでも、人が聴いたら船酔いするかのようなリズムになります。

小さい時からメトロノームを使う事によって、正確な拍感が身に付きます。

クラシック音楽に必要なのはこの緻密なリズム感ですが、この作業が好きなお子さんと嫌いなお子さんといるように思います。

この練習は一見単純で無味乾燥な練習のようですが、音の粒立ちをそろえたり、拍感を整えるに役立ちます。


谷ピアノ教室公式サイトはこちらへ