ピアノを弾くとはどういう事?

2017年9月
09 /20 2017
ピアノは自分の感情を表現するための道具です。

ピアニストは優れたタイピストのように、ミスなくいかに速く指が動くかを競っているわけではありません。

どんな小さなお子さんでも人間は喜怒哀楽の感情を持っています。 その人間の普遍的な感情をクラシックの作曲家は作品を通じて表現しています。 その作曲家の伝えている感情をピアノで表現するのがクラシックのピアノ演奏です。 

そのためにはその感情を表現するためのテクニックをお勉強しなくてはいけません。 それをお勉強するのがピアノレッスンです。

導入の時から、大きい小さいだけでなく、優しい音、激しい音、安らぐ音、怖い音などいろんな音を表現するためのテクニックをお勉強していく必要があります。

童話を親御さんがお子さんに読み聞かせをしてあげる時、いろんな声で読み聞かせしてあげると思いますが、ピアノ演奏もそれと同じです。 いろんな声が必要なのです。

このテクニックは導入の時に身につけておかないと、指が良く回るようになるとなかなか難しいものがあります。

当教室では導入からそのテクニックをお勉強して頂いております。


谷ピアノ教室公式サイトはこちらへ