体験レッスン

2017年9月
09 /22 2017
今日は体験レッスンにお見えになられました。

小さい頃から習っておられたとのことで、以前習っておられたところでの教本は全て終了しておりました。

手の形もよく、打鍵やタッチもしっかりしていらっしゃったので、ツェルニー30番やバッハのインベンション、ソナチネ、ショパンのワルツなどの教本へレヴェル・アップできるようお勧め致しました。 是非ショパンやシューベルトなどの美しい曲を奏でて欲しいと思います。

また今日は大人の方のレッスンでした。

ショパンのバラードを弾かれている生徒さんは、発表会へ向けて練習していらっしゃいます。 音も美しく、全体の流れもよく仕上がってきました。

リストの愛の夢に取り組まれている生徒さんは、先週末、salon classicでのパリ音楽院のイブ・アンリ先生のコンサートで先生が弾かれたところで、演奏を思い出しながら、レッスン致しました。

イブ・アンリ先生のリスト演奏はとても彫が深く、かつ、ショパンとはまた一味違った華やかで、まるでピアノの弦が切れるのではと思われるくらいの迫力迫るリスト演奏でしたが、一般に知られているリストの愛の夢の演奏は、比較的穏やかな演奏であると思います。

私もリストの愛の夢は、2013年のアートサロン空でのソロ・リサイタルで弾いたことがあり、その時は、現在も師事しております阿部裕之先生のレッスンを受けましたが、やはりその時ももっと華やかに、力強くというアドヴァイスを頂きました。

リストの頃にヨーロッパで現在の大ホールでの公開リサイタルのような演奏会スタイルが出来上がり、リストが求める大ホールでの音量や音色に耐えられるようなピアノをということで、現在のような大きなグランドピアノが作製されたということですので、やはり演奏にはリストらしい華やかさが求められるのではと思います。


谷ピアノ教室公式サイトはこちらへ