FC2ブログ

お辞儀の練習

2017年11月
11 /29 2017
初めて発表会に出演される生徒さんは、発表会前になると本番の模擬練習としてお辞儀を含めてのリハーサルをします。

先生やお母様をお客さんと見立てて、お辞儀をし、本番通りに弾いて、またお辞儀をすると言う練習をします。

ピアノのレッスンには抵抗はなくても、お辞儀の練習となると、少し恥ずかしがるお子さんもいらっしゃるようです。

本番では自然にお辞儀ができても、レッスン室で本番を想定してお辞儀をするというのは、少し照れくさいものがあるかと思います。

お家で、本番のドレスを着て、ご家族をお客様に見立てて、弾いてみるという練習を毎日繰り返すと、恥ずかしいという気持ちもなくなっていくのではないかと思います。

小さいお子様にとって、人の前で演奏を披露し、拍手を頂くという経験は、大人が思う以上に大変な出来事です。

模擬練習をする事で、体で覚えますので、照れくさいとか恥ずかしいという気持ちも克服できるのではないかと思います。

谷ピアノ教室公式サイトはこちらへ