FC2ブログ

今日のレッスン

未分類
01 /09 2018
今日は小学1年生のレッスンでは、バーナム1、やさしいインベンション、リトルピアニスト、こどものソナチネ、カバレフスキーのやさしい変奏曲をレッスン致しました。 やさしいインベンションは来週終了予定ですので、小学3.4年生ぐらいであれば、次はインベンションに入りますが、年齢がまだ小さいので、次は子供のバッハに入ります。

幼稚園年長さんの女の子の生徒さんのレッスンでは、年末のレッスンで、みんなのオルガンの本2を修了し、現在は、バーナム導入書、ミッキーのバイエル2、ピアノ弾けるよ!ジュニア2、ピティナ・ステップ曲集2、プレ・インベンション、リズムの本3、小学生のためのおんぷワーク1の教本をレッスンしています。
今週の宿題のプレ・インベンションの曲集の中のバッハのメヌエットト長調を1週間で、右手をすでに全部暗譜で弾いてきていました。 発表会後、指もよく動くようになったようです。
発表会ではプレ・インベンションから難易度の高めのモーツァルトのメヌエットヘ長調をお渡ししておりましたが、以前使っていた教本が簡単になってきたようで、難しい本を弾きたいということですので、来週小学校1年生と同じレヴェルの教本をお渡しすることになっています。

小学6年生の女の子の生徒さんのレッスンでは、大人のハノン、スケール、アルペジオ、ツェルニー30番No.14、バッハのインベンションNo.4,ブルグミュラー18の練習曲No.1ないしょ話、ソナチネ、ブラームスのラプソディをレッスン致しました。
ツェルニーとインベンションは合格し、次の曲へ進むこととなりました。

冬休み明けで、年明けのレッスンがいよいよ始まりましたが、皆さんお正月や冬休みの間よく練習していたようで、普段の宿題の曲を暗譜していたり、ツェルニーが楽に弾けるようになっていたりと、とても上手になっています。

また、先月の門下生の発表会での、広い響きの良い会場で大きいグランドピアノで弾いたことで、美しい音を出すようになり、実力が伸びたようです。

新年早々のレッスンが始まりましたが、すでに体験レッスンのお問い合わせをいくつか頂いております。 お問い合わせ頂きまして、どうもありがとうございます。

先週末は、神戸の阪神岩屋にある兵庫県立美術館で開催されているエルミタージュ美術館展のヨーロッパのとても美しいルネッサンス絵画を見たり、お知り合いの方やアメリカのコロラド大学教授でいらっしゃるデヴィッド・コレヴァ―教授のピアノのコンサートに土日連日で出かけたり、充実した時を過ごし、美術や音楽に触れ、英気を養ってきました。

今年も、新しい気持ちで頑張ってレッスンに励んでいきたいと思います。

新年のご挨拶のお品やおばあちゃまの所へいかれたお土産をいただきました。

P1040391.jpg


谷ピアノ教室公式サイトはこちらへ