今日のレッスン

2018年3月
03 /10 2018
今日はインフルエンザのため、お休みされておられた小学1年生の方の振替レッスンと他二人の方のレッスンがありました。

小学1年生の女の子は譜読みがとても速く、ワークブックの中の音符の数の計算もとても速く出来ます。

現代曲のカバレフスキーの変奏曲は譜読みや、素早い手のポジション移動が難しい曲ですが、よく弾けるようになってきました。

小学生3年生の生徒さんのレッスンでは、すでにバッハのシンフォニア(3声)を何曲かお勉強されており、1声ずつ練習しなくても、最初から3声で弾けるそうです。

先週は、声部をクリアに弾き分ける練習方法による課題を出したところ、今日のレッスンでは、綺麗に直っておりました。

ソナチネは、1週間で、仕上げのテンポで軽やかに弾いて来られるので、次は、モーツァルトのソナタに入る事になりました。

使用する楽譜は、本格的な新べーレンライター全集の赤い楽譜です。→こちら  

上の楽譜を検索していたところ、このようなルノワールの絵画の表紙によるベーレンライター版の可愛いらしいソナチネ集を見つけました。→こちら

小学5年生の生徒さんのレッスンでは、他の教本を交互にお休みしながら、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番「悲愴」第3楽章を中心に取り組んでいらっしゃいます。

両手での譜読みもあと残りは2ページほどとなり、弾けるようになってきました。

第3楽章は、2分の2拍子ですので、重々しい第1楽章、美しい第2楽章に続く、最終楽章で、颯爽と風が吹き抜けるように、弾くのがポイントです。

谷ピアノ教室公式サイトはこちらへ