FC2ブログ

今日のレッスン

2018年3月
03 /27 2018
今日は春休み中のため、午前中に生徒さんの振替レッスンがありました。

ブラームスを練習しています。とても難しい曲ですので、少しずつ進めています。

幼稚園の年長さんの女の子の生徒さんは、5月にコンサートに出るため、その曲を今練習しています。

あと、一カ月しか日にちがないため、あまり時間がありませんが、先週、以前仕上げたバッハのメヌエットを両手で暗譜で弾けるようにという宿題を出したところ、1週間で出来ていました。

とても良く弾いていらっしゃいますが、あとレッスンは5回ほどしかありませんので、本番まで頑張って練習して仕上げて欲しいと思います。

年中さんの男の子の生徒さんのレッスンでは、バスティンの新しい教本に入りました。

バスティン・シリーズは、挿絵が一風変わっていますが、ベートーヴェンの挿絵をみて、なんだ、この人?ベートーヴェンなら、知ってるとお話ししておりました。

白抜きの絵が氷(こおり)の人に見えるそうです。

皆さんそうですが、年長から小学生に上がる頃には、おしゃべりがとても上手になるようで、レッスン中にもとてもよくお話しするようになります。

最初の方は簡単ですので、すぐに弾けるようです。

小学1年生の女の子の生徒さんのレッスンでは、最近特にとてもよく頑張って練習されています。

教本は6~7冊使用していますので、楽譜を持ってくるのも、とても重いと思います。

カバレフスキーのやさしい変奏曲も変奏5まで読譜が進み、今日のレッスンでは短調の曲を悲しげに上手に表現していました。

この曲はトッカータという副題が付いていますので、トッカータとは「触れる」という意味で、軽やかに弾きます。

谷ピアノ教室公式サイトはこちらへ