FC2ブログ

ショパン ワルツ イ短調 19番 遺作

未分類
11 /27 2018


ワルツ イ短調 19番 遺作は、フレデリック・ショパンが作曲したピアノのためのワルツの小品です。

遺作とは、ショパンの死後、楽譜が発見され、出版された曲のことです。

全体にシンプルな構成となっており、しかも短いため演奏も比較的容易です。

今、小学3年生の生徒さんが、来年の発表会に向けて、取り組んで頑張っています。

読譜ができたら、美しい曲ですので、レパートリーになるでしょう。

谷ピアノ教室公式サイトはこちらへ