ドビュッシー 月の光

2016年2月
02 /03 2016
ドビュッシーのベルガマスク組曲から「月の光」について書きたいと思います。

月の光が反射するイメージを音楽で表した美しい曲ですが、途中では少し盛り上がりを見せる曲です。

冒頭は、ゆっくりしているので拍が伸びやすいですが、3拍子×3拍分の複合拍子をしっかり数えると音楽が間延びせずに演奏できます。
P1030062.jpg

途中からは月の光に反射された水面がゆらゆら動くようにパッセージが流れます。 バッハのように複声部(ポリフォ二ー)を意識して弾くと音楽が立体的に聞こえます。

ドビュッシーを弾く時に難しいのはペダルの扱い方です。 ペダルの踏み方については、微妙なさじ加減があるので、楽譜に書き込むことはできず、レッスンの中で口頭でしかお伝えしきれませんが、ピアノのタッチ同様、ペダルの踏み方ひとつでピアノの音色が全く変わることがあります。

小さい生徒さんの場合には、まず静かにペダルを踏めるように、またペダルを踏むことによって音が濁らないように練習してもらっています。

参考ブログ
ドビュッシー ベルガマスク組曲


レッスン問い合わせ