べートーヴェン ソナチネ ト長調 Anh.5-1 ロマンツェ

2016年3月
03 /15 2016
べートーヴェン ソナチネ ト長調は「2つのソナチネ」の一つですが、作曲に関する資料がなくベートーヴェンの真作かどうかは定かではありません。

ソナチネ・アルバムに収録され、ピアノ学習者にはなじみのある作品で、第1楽章は素朴で分かりやすい主題のため弾きやすいですが、「ロマンツェ」と題される2楽章は1楽章に比べると旋律の叙情性やフレーズの対照性がより引き立っております。

右手は冒頭より可愛らしく歌うメロデイーですが、左手はスタッカートと右手と表情が違いますので、左右の手で表情を弾き分けるのが難しいかもしれません。 レッスンでは左右別々に弾いてもらい身体によく覚えこませてから両手で合わせるようにと指導致しております。

レッスンでも生徒さんによくお伝えする事ですが、両手で弾けるようになるとなかなか片手ずつの練習をしなくなります。 もし発表会など本番がある場合には本番当日まで緻密な片手→両手の練習を続ける努力が必要です。

ベートーヴェン ソナチネ ト長調 ロマンツェ


レッスン問い合わせ