ベート―ヴェンピアノ・ソナタ第18番第3楽章

2016年5月
05 /07 2016
ベートーヴェンの中期のソナタ第18番第3楽章について書いてみたいと思います。

P1030314.jpg

A(Menuetto)+B(Trio)+A(Menuetto)の三部形式です。 第2楽章と第4楽章に挟まれた穏やかで美しいメヌエットです。

メヌエットはバロック舞曲の代表的な踊りの一つです。 上声部が一番大切なメロディーですが、各声部の弾き分けが大切かと思います。 中声部はメロディーを邪魔しないようとても静かに弾きましょう。

トリオ(Trio)は少し軽快な雰囲気に変わります。

P1030315.jpg

Codaは付点を軸に遠くへ消えていくようです。切れ目なく第4楽章へと続きます。

P1030316.jpg

メヌエットよりいくつかの曲をピックアップしました。
ラヴェル 古風なメヌエット

ビゼー「アルルの女組曲第2番」より3.メヌエット

ベートーヴェンピアノ・ソナタ第7番第3楽章Menuetto


レッスン問い合わせ