ショパン 3つの新エチュード 第1番

2016年5月
05 /31 2016
ショパンの3つの新エチュードから1番について書きたいと思います。
この曲は今年の全日本学生音楽コンクールの中学生部門の予選の課題曲の一つとなっております。

【第70回全日本学生音楽コンクール中学生部門予選課題曲】
1)バッハ 平均律クラヴィーア曲集1巻
  No.5 No. 6 No.10  から1曲
2)ショパン ェチュード Op.10-8  Op.25-3  3つの新エチュードNo.1F mollから1曲

【予選会場】
あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール
大阪市北区西天満4-15-10
あいおいニッセイ同和損保フェニックスタワー内

【予選日程】

中学校の部
9月10日(土)・11日(日)

【申し込み締め切り】
2016年7月8日(金)から7月22日(金)まで(必着)

※詳しくは参加要項規定をご覧ください。

この3つの新エチュードはOp.10とOp.25の24曲のエチュードほどは難しくありませんが、スクリャービンのエチュードに出てくるようなリズムによるエチュードと言えるでしょう。

3つの新エチュードNo.1は右手3つ左手4つのポリリズム(複合リズム)による練習曲です。
4つと3つですから左右は終始全く合わないのですが、全体のテンポは一貫したテンポになるように練習しなければいけないかと思います。

左手は各小節冒頭のバスが大切で、それ以外の音は軽く弾かなければ右手と左手の響きが喧嘩してしまいます。
右手を左手に合わせながら弾くと、右手の旋律のなめらかさがなくなってしまうのではないかと思います。

ショパン 3つの新エチュード♫~アシュケナージ

レッスン問い合わせ